飲み会 二日酔い


師走に近づいて、寒さが一段と厳しくなってきました。

あなたは、そろそろ同僚や友人たちとの忘年会が始まっているのではないでしょうか?

気ごころ知れた仲間とお酒を飲むと、ついつい飲み過ぎて、翌朝、二日酔いで後悔した方も多いかと思います。

ところが、この二日酔いになりやすいのは、日本人の特徴だったというのです!

これには、アルコールを分解する酵素の遺伝が関係していました。

そのため、お酒を飲むときには、二日酔いを緩和する対策をする必要があります。

今回の記事は、「二日酔いの症状とメカニズム」「二日酔いの原因」「二日酔い対策」についてまとめてみました。

よく二日酔いで困っているあなたにオススメの記事となっておりますので、是非チェックしてみてくださいね。

二日酔いの症状とメカニズム

二日酔いは、一体どのような症状で、どのようなメカニズムで起こるのでしょうか?

ここでは、二日酔いの症状とメカニズムに分けて説明していきます。

1.二日酔いの症状

二日酔いとは、体に不快な症状が出ることをいいます。

主な症状は、以下の4つです。

  1. 頭痛
  2. 胸やけ・吐き気
  3. 喉がかわくなどの脱水症状
  4. 体のほてり・だるくなる
  5. など


2.二日酔いのメカニズム

二日酔いは、アルコールから分解されたアセトアルデヒドが体内に残ってしまうことが原因です。

ちなみに、アルコールは、肝臓で分解されています。

以下は、二日酔いになるメカニズムです。


二日酔いのメカニズム(圧縮)


ところで、上図のアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きがなかったり、弱かったりすることがあるのでしょうか?

二日酔いになってしまう原因は遺伝が関係!?

遺伝子


アセトアルデヒドの分解には、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が関わっています。

このアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)には、「アセトアルデヒドが高濃度にならないと働かないALDH1」「アセトアルデヒドが低濃度でも働くALDH2」の2タイプがある。

そして、「アセトアルデヒド」の分解に大きく関わっているのは「ALDH2」です。

このALDH2は、人種によって保有しているタイプが違います。

以下の表は、ALDH2の人種による保有タイプの割合です。


ALDH2のタイプ(圧縮)
参照元:日本人の約半分はお酒に弱い!?


上記の表から、日本人の約44%が、お酒に弱いまたは全く飲めないタイプということがわかりました。

これらのことから、お酒に弱いタイプまたは全く飲めないタイプは、遺伝的にアルコールを分解する酵素(ALDH2)の働きが弱いまたは働かないため、いくらお酒に強くなろうと努力してもムダではないでしょうか?

したがって、よく二日酔いになってしまうアナタは、遺伝的にお酒が弱い体質だと認識し、上手にお酒と付き合っていくべきだと考えるのです。

そのため、飲酒する際、二日酔い対策をする必要があります。


それでは、一体どのような対策をすればいいのでしょうか?

二日酔いを緩和させる方法

女性 オススメ


二日酔いを緩和させる方法は、色々あります。

特にオススメしたいのが、「飲酒前」「飲酒中」の対策です。

ここでは、「飲酒前」「飲酒中」に分けて、二日酔いを緩和させる方法についてお話していきます。

1.飲酒前の対策

飲酒前に、何か食べ物を胃に入れておきましょう。

これは、空腹の状態でお酒を飲むと、「アルコールが胃ですぐに吸収され、全身に回ってしまう」「アルコールによって、胃が荒れてしまう」からです。

そのため、飲酒前に、以下の食べ物を食べておくことをオススメします。


飲む前の食べ物(圧縮)

2.飲酒中の対策

まず、自分のお酒の適量を守りながら飲むことが大切です。

そして、「飲酒前」と「飲酒中」の2つの対策をすることで、二日酔いが緩和されます。

飲酒中の対策は、以下の3つです。

  1. アルコール度数が低いお酒から飲み始める
  2. 水と一緒に飲むようにする
  3. 二日酔いを緩和する食べ物を摂取する
  4. 特に、「ビタミンC(肝機能を高める)」、「タンパク質(アルコールを分解してくれる肝臓のエネルギー源)」、「ビタミン・ミネラル(アルコールの分解で失われやすい)」を含む食べ物を食べましょう。

    具体的な食べ物は、以下の表のとおりです。


    飲酒中の食べ物(圧縮)



それでも、二日酔いになってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

3.二日酔いになってしまった場合の対策

上記の対策をしても、二日酔いになった場合は、以下の6つ方法をオススメします。

  1. 水を多く飲む
  2. 肝臓でアルコールを分解するためには、大量の水が必要。

  3. バナナを食べる。
  4. お酒を飲むとカリウムが不足します。
    そのため、カリウムを多く含むバナナを食べると緩和されます。

  5. ハチミツを食べる。
  6. ハチミツには、カリウムやアルコール分解を助ける果糖が含まれている。
    バナナと一緒に食べるのもオススメ。

  7. トマトを食べる。
  8. トマトには、アルコール摂取によって失われるビタミンミネラルが豊富。
    また、アルコール分解を助ける果糖も含んでいます。

  9. 二日酔いに効くツボを押す。
  10. 両足の前足部にあるツボ「太衝(たいしょう)」を押すことで、肝機能を高める。

    以下は、参考動画です。

    この動画のポイントは、ツボ「太衝(たいしょう)」を3本の指でつまむように揉むこと。

    )
  11. 深呼吸をする。
  12. 深呼吸して酸素を多く取り入れ、アセトアルデヒドの分解を促します。

    以下は、参考動画です。

    この動画のポイントは、ゆっくり深く呼吸をすること。

    )



いかがだったでしょうか?

昔から、お酒が弱く、少し飲み過ぎると、翌朝は頭痛などの二日酔いに悩まされ続けてきました。

会社の先輩に「肝臓を鍛えればいい」との助言を受け、お酒をよく飲んだのですが・・・やはりダメでした。

ある時、よく二日酔いになるのは、遺伝的に避けがたいことであり、いくら努力してもムダであることを知ったのです。

それからは、この記事で紹介した「飲酒前」「飲酒中」の二日酔いを緩和する方法を始めたら、二日酔いになることが少なくなってきました。

今回の記事は、これらの経験を踏まえ、二日酔いで悩まれている方のお役に立てればとの思いから書いてみました。

この記事を参考に、今年の忘年会では、二日酔いにならないように気を付けてくださいね。




※今回の記事は、下記の書籍とWebページを参考にさせていただきました。





(右)女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ついつい飲み過ぎて二日酔いになることありませんか?
これは、日本人特有の遺伝的にアルコールを分解する酵素(ALDH2)の働きが弱いまたは働かないためです。
二日酔いにならないためには、「自分のお酒の適量を守りながら飲むこと」「二日酔いを緩和させる対策」をする必要があります。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



(左)女性 指差し 白衣

頻尿・尿漏れ対策ナビでは、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!