コーヒー飲む女性


あなたは、肌寒くなってきたので、ホットコーヒーを飲む機会が増えているのではないでしょうか?

それにしても、ホットコーヒーを飲むと気分が落ち着きますよね。

ところが、このコーヒーを飲み過ぎてしまうと、「カフェイン中毒」になってしまうというのです。

しかも、コーヒー以外にカフェインを含んでいる飲料は多く、知らないうちに「カフェイン中毒」になる可能性もあるのです!

これには、カフェインに対する耐性が関係していました。

今回は、「カフェイン中毒の症状、メカニズムや対策」についてまとめてみました。

最近、「カフェイン飲料を飲み過ぎてるかも」と思っているあなたにオススメの記事となっていますので、是非、チェックしてくださいね。

カフェインを含む飲料の種類とカフェインの摂取のメリットとデメリット

ここでは、「カフェインを含む飲料」「カフェインが体に与えるメリットとデメリット」についてお話していきます。

1.カフェインを含む飲料

カフェインは、「コーヒー」「玉露」「煎茶」「紅茶」「ウーロン茶」などに多く含まれている。

特に、「コーヒー」に含まれるカフェインは、体にさまざまな影響をおよぼす。

その他、「玉露」「煎茶」「紅茶」「ウーロン茶」のカフェインは、茶に含まれるタンニンと結びつくため、コーヒーにくらべて体への影響は少ない。

以下は、代表的なカフェインを含む飲料です。


代表的なカフェイン含有飲料(圧縮)
参照元:全日本コーヒー協会 コーヒー図書館
参照元:カフェイン含有量まとめ
参照元:普段飲むドリンクにどれくらいカフェインが入ってるか

2.カフェインの摂取のメリットとデメリット

カフェインを摂取するメリットとデメリットは、以下のとおりです。

1.メリット

カフェインを摂取するメリットは、以下のとおりです。

  • 眠気を取る
  • 眠気や疲れを感じるために必要な脳内物質のアデノシンアデノシン受容体の結びつきをブロックする。

  • 頭痛の緩和
  • カフェインが、脳内の血管を収縮させ、頭痛を緩和させる。
    ※市販の頭痛薬にも使われている。

  • 筋肉の疲労を回復させる
  • カフェインは、筋肉の疲労物質である乳酸を尿とともに排出するよう促す。


2.デメリット

カフェインを摂取するデメリットは、以下のとおりです。

  • 利尿作用(よくトイレに行くこと)
  • カフェインは、体内の水分を尿として排出するよう促す。

  • 胃痛を引き起こす
  • 胃液の分泌を促す。

  • 貧血を起こす
  • 鉄分などのミネラルの吸収を阻害する。

  • 睡眠が浅くなる
  • 寝る前に摂取すると、体が興奮してしまい、睡眠の質を悪くする。

  • 自律神経を乱す
    カフェインの摂取を続けると、興奮状態が続き、体を休ませることができず自律神経を乱してしまう。
  • 太る
  • 太らせるホルモンが分泌される。



上記のことから、カフェインは、よく目にする飲料に含まれており、メリットもデメリットもあることがわかりました。

次は、カフェイン中毒の症状とメカニズムについてお話していきます。

カフェイン中毒の症状とメカニズム

ある調査結果によると、約6割の日本人が毎日コーヒーを飲んでいるとのこと。

これは、摂取量を間違えれば、誰しも「カフェイン中毒」になる可能性があるということです。

ちなみに、このカフェイン中毒は、精神障害に分類にされるれっきとした病気。

それでは、このカフェイン中毒の症状とメカニズムについてお話していきます。

1.カフェイン中毒の症状

カフェイン中毒は、禁断症状として、体や精神に現れる。

具体的には、カフェインを摂取しないと、「24時間以内に精神的にイライラやモヤモヤ・注意力散漫・運動していないのに筋肉疲労などの症状」、「24時間を経過すると、頭痛・筋肉痛・吐き気・風邪などの症状」が出る。


2.カフェイン中毒になるメカニズム

カフェイン中毒になるメカニズムは、以下のとおりです。


脳内には、「アデノシン」と「アデノシン受容体」という2つの物質が存在している。
矢印 下_clipped_rev_1
脳内にアデノシンとカフェインが流れてくる。
矢印 下_clipped_rev_1
カフェインがアデノシンより早くアデノシン受容体と結びついてしまうことで
矢印 下_clipped_rev_1
眠気や疲れを感じないままだと、脳や体が危険な状態に陥ってしまうため、
矢印 下_clipped_rev_1
その結果、カフェイン飲料を飲む量がだんだん増えていき、


上記のことから、カフェイン中毒になるメカニズムがわかりました。

ところで、最近、日本人のカフェイン摂取量が増えてきているというのです。

実際に、どうなのかを調べてみました。

日本人のカフェイン摂取量が増加中!?

最近、日本人のカフェイン摂取量が年々増加してきています。

これは、「全国に48,674店舗以上あるコンビニのコーヒーや全国に3,367店舗以上あるコーヒーチェーンなどの売上が好調である」「若者や女性を中心に人気のレッドブルなどのカフェインを含むエナジードリンクがファッション感覚で飲まれるようになり、毎年約20~40%の割合で売上が伸びている」からです。

以下の表は、国内コーヒー消費量の動向です。


国内コーヒー消費量(圧縮)
参照元:日本のコーヒー需給表

これらのことから、カフェイン摂取量が増加しているのは、「いつでも、どこでも、安くカフェイン飲料が手に入るようになった」「カフェインの過剰摂取によって、カフェイン中毒を引き起こすことが認知されていない」からではないでしょうか?

その結果、知らないうちにカフェインを多く摂取量してしまい、カフェイン中毒に陥ってしまっているように思えるのです。


それでは、カフェイン中毒にならないためには、どうすればいいのでしょうか?

カフェイン中毒にならないための対策

女性 オススメ


カフェイン中毒にならないためには、1日の摂取量を守る必要がある。

ここでは、「カフェインの1日の摂取量」「カフェイン中毒にならないための対策」についてお話していきます。

1.1日に摂取可能なカフェイン量

健康な成人の場合における1日に可能なカフェイン摂取量は、約300mg~400mg。

具体的には、コーヒーカップで約3~6杯。

ただし、妊婦の場合は、胎児にどのような影響を及ぼすかわからないため、カフェインの摂取を控えましょう。

2.カフェイン中毒にならないための対策

現在、カフェイン摂取量が多い場合は、1~2週間かけて摂取量を減らしていきます。

これは、急にカフェインの摂取を止めると気分が落ち込むことがあるからです。

具体的な方法は、毎日飲むカフェイン飲料の何杯かを「カフェインが含まれていないノンカフェイン」「カフェインを含む量が限りなく0に近いカフェインレス」に代えること。

代表的な「ノンカフェイン」や「カフェインレス」の飲料は、以下の7つです。

  1. カフェインレス(デカフェ)と書かれたインスタントコーヒー
  2. ローズヒップティー
  3. タンポポコーヒー(タンポポ茶)
  4. ルイボスティー
  5. 麦茶
  6. ゴーヤ茶
  7. 杜仲茶




いかがだったでしょうか?

昔は、眠気覚ましに、よくコーヒーを飲んでいたものでした。

しかし、ある時、イライラしたりするなど、「カフェイン中毒」のような症状が出てきたのです。

それから、2週間くらいかけてコーヒーの飲む量を減らして行った結果、「カフェイン中毒」のような症状は治まりました。

今では、適量を守りながら、楽しいコーヒーライフを送っています。

ぜひ、あなたもこの記事を参考に、「カフェイン中毒」にならないように気を付けてくださいね。




※今回の記事は、下記の書籍とWebページを参考にさせていただきました。





(右)女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
最近、日本人のカフェイン摂取量が増えてきています。
これは、コンビニのコーヒーやエナジードリンクの普及が原因です。
適度な量ならば、「眠気覚まし」「頭痛の緩和」などのメリットもありますが、過剰摂取するとカフェイン中毒になってしまいます。
そのため、日頃からカフェインの摂取量に気を付けなければいけません。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



(左)女性 支持棒 本持ち 白衣

頻尿・尿漏れ対策ナビでは、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!