脚 むくみ 揉む


あなたは、足のむくみに悩んでいませんか?

例えば、「夕方になると靴が入らない」「足がだるい」「足が重い」など。

ちなみに、足のむくみとは、血管から染み出た水分が足に溜まった状態のことで、女性に多い症状。

とくに、デスクワークや立ち仕事などで、長時間同じ姿勢が続いた時に出ます。

これは、同じ姿勢を続けることで血行が悪くなり、重力によって足に溜まった水分を回収できなくなるからです。

そして、通常は、一晩寝ると足のむくみの症状はおさまります。

ところが、この足のむくみの症状が続く場合は、病気かもしれないというのです。

これには、「肝臓と腎臓の障害」「心不全や下肢静脈瘤」などの病気が原因でした。

今回は、「足のむくみの症状、原因や対策」「足のむくみに隠された病気」についてお話していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

足のむくみの症状と原因

ここでは、足のむくみの症状と原因についてお話していきます。

1.足のむくみの症状

向う脛を押す女性

足のむくみとは、「足の向うずね部分(左図の赤い印が付いている部分)」の皮ふを指で押した後、なかなか元に戻らない状態のこと。

また、足がむくむと、「足がだるい」「足が重い」と感じるようです。





この足のむくみの症状は、何が原因なのでしょうか?

2.足のむくみの原因

足は、もともと心臓から一番遠いため、血行不良になりやすく、重力によって水分がたまりやすい部分。

さらに、「足の筋力(ふくらはぎ)が弱い」「心臓の働きが低い」と血行不良が進み、足にたまった水分を回収できず、むくんでしまう。
※ふくらはぎは、第二の心臓といわれている。

また、病気以外で足がむくみやすい人は、以下のとおりです。

  • 女性や高齢者
  • 長時間の立ち仕事やデスクワーク
  • 運動不足
  • 塩分や水分の摂りすぎ
  • など



上記のことから、足のむくみは「足の筋力(ふくらはぎ)が弱い」「心臓の働きが低い」と起こりやすいことがわかりました。

それでは、実際にどれくらいの人が足のむくみで悩んでいるのでしょうか?

足のむくみが、女性と高齢者に多い原因は筋肉量!?

足のむくみで悩む人がどれ位いるのかを調べてみました。


足のむくみやだるさを感じる有訴者率(人口1,000人)圧縮
※有訴者とは、ある地域の人口1,000人に対する手足の冷えの自覚症状がある人の比率
参照元:国民生活基礎調査


上記の表から、足のむくみで悩む人は、女性や男女の高齢者に多いことがわかります。

これは、筋肉量(特に、ふくらはぎと心臓)が関係しているのではないかと推測しました。

理由としては、「女性は男性より筋肉量が少ない」「加齢とともに筋肉量が減ってくる」といわれているからです。

上記のことが、本当にそうなのかを確かめるために、筋肉量と関係ある基礎代謝量について調べてみました。

※基礎代謝量とは、 厚生労働省によると、心身ともに安静な状態の時に生命を維持するために消費される必要最小限のエネルギー代謝量のこと。筋肉・心臓・脳で各々2割も消費しており、通常10代をピークに加齢とともに低下。そして、筋肉量の少ない人は基礎代謝量が低くなる。


以下は、年齢ごとの基礎代謝量のグラフです。


 日本人の基礎代謝基準値(圧縮)
参照元:加齢とエネルギー代謝 厚生労働省
参照元:厚生統計要覧(平成26年度) 厚生労働省


上記のグラフからは、「基礎代謝量は、男性より女性の方が低い」「基礎代謝量は、加齢とともに低くなる」ことがわかりました。

つまり、「女性は、筋肉量が少ない」「加齢とともに筋肉量が少なくなる」ということです。


これらのことから、女性または高齢者は、足がむくみやすい体質であることを示しているのではないでしょうか?


そのため、日頃から、足がむくまないようにする対策をしなければいけません。

足のむくみ対策

脚をケアする女性


日頃から、足をむくませないようにする対策が大切です。

具体的には、以下のとおりです。

  1. ふくらはぎを鍛える。
  2. 第二の心臓である「ふくらはぎ」を鍛えることで、血行を良くします。
    例えば、階段を上る、つま先立ちや青竹踏みをするなど。

  3. マッサージやストレッチをする。
  4. マッサージやストレッチをすることで、血行を良くします。
    マッサージの参考動画は、以下のとおりです。
    ①フットバスやお風呂で足を温める。
    ②マッサージしやすいようにオイルやクリームを足に塗る。
    ③足裏→くるうぶし→すねから上→ふくらはぎ→ひざ下のくぼみ→太ももの順でマッサージ。
    ④その後、足首から太ももにかけて円を描いたり、こすり上げるマッサージ。
    ⑤最後にストレッチをする


  5. 弾性ストッキングをはく。
  6. これは、ふくらはぎから足首にかけて段階的に圧力が強くなっていくストッキング。
    このストッキングをはくことで、足首から上の方へ水分を絞り出します。

  7. 同じ姿勢を続けない。
  8. 立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢を続けず、ときどき姿勢を変えたり、ストレッチをする。

  9. 栄養バランスの取れた食事をする。
  10. 塩分を摂りすぎない
    塩分の摂りすぎは、体内に余分な水分をとどめてしまう。
    タンパク質の摂取
    タンパク質を元に肝臓で合成されるアルブミンは、血管内に水分をとどまらせる働きがある。
    タンパク質を多く含む食品は、鶏ササミ・プロセスチーズ・ローストビーフ・サバ・アジなど
    ミネラル(特にカリウム)の摂取
    水分を体外へ排出する利尿作用(尿量を増加させる作用)がある。
    ミネラルを多く含む食品は、バナナ・アボガド・ほうれん草・豆類など。
    ビタミンB群の摂取
    補給した水分の排出(尿や汗)をスムーズにしてくれる。
    ビタミンB群を多く含む食品は、レバー・肉・魚介類・卵・緑黄野菜など

  11. お風呂につかる。
  12. お風呂につかることで、血行が良くなります。
    また、お風呂の中でのマッサージもオススメ。



上記の足のむくみ対策をしても効果がない場合は、病気かもしれません。

その場合は、専門の医療機関での受診をオススメします。

これは、重大な病気が隠されているかもしれないからです。

それでは、足をむくませる代表的な病気についてお話していきます。

足のむくみが引かないのは、病気が原因かも!?

患者の話を聞く医師


足のむくみを引き起こす代表的な病気は、以下のとおりです。

  1. 更年期障害
  2. 閉経前後で、急激な女性ホルモンの減少によって、自律神経が乱れている状態。
    自律神経が乱れるため、血行不良を起こし、足をむくませる。

  3. 急性糸球体腎炎
  4. 腎臓内の血液をろ過している部分(糸球体)が炎症を起こしている状態。
    そのため、尿を作りにくくなり、体内に余分な水分が残り、足をむくませる。

  5. ネフローゼ症候群
  6. 腎臓内の血液をろ過しているフィルター部分(糸球体基底膜)の障害により、タンパク質が漏れ出している状態。
    タンパク質が不足し、足をむくませる。

  7. 慢性心不全
  8. 心臓の機能の低下によって、血行が悪い状態。
    そのため、足の水分が回収されず、足をむくませる。

  9. 肺性心
  10. 肺の病気が原因で、心臓に異常を起こしている状態。
    そのため、心臓の機能低下によって、血行不良を起こし、足をむくませる。

  11. 肝硬変
  12. 肝臓が硬く小さくなる病気で、肝機能を低下させる。
    そのため、血管内に水分をとどまらせる働きをするアルブミンが合成されにくくなり、足をむくませる。

  13. 甲状腺機能低下症
  14. 全身の細胞の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンの分泌が低下している状態。
    その結果、皮ふの下に水分を蓄える物質(ムコ多糖類)がたまり、足をむくませる。

  15. メネトリエ病
  16. 胃の粘膜から、タンパク質が漏れ出す病気。
    そのため、タンパク質が不足し、足をむくませる。

  17. 蛋白漏出性胃腸症
  18. アルブミンが消化器官内で漏れ出す病気。
    そのため、アルブミンが不足し、足をむくませる。

  19. ビタミンB1欠乏症
  20. ビタミンB1が欠乏する病気。
    補給した水分の排出(尿や汗)がスムーズにできなくなり、足をむくませる。

  21. 下肢静脈瘤
  22. 血液の逆流を防ぐ静脈の弁が正常に働かなくなり、足に血液や水分がたまってしまう病気。
    そのため、足にむくみの症状が出る。

  23. リンパ浮腫
  24. リンパ管の流れが悪くなり、リンパ管内の内容物が漏れ出す病気。
    そのため、足に水分やリンパ管の内容物がたまり、むくませる。
    ※リンパ管は、静脈に回収されなかった水分などを回収している。





いかがだったでしょうか?

足のむくみは、デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢を続けていることが原因だったとは・・・

そういえば、この前、数日間デスクワークをしていたら、むくんだことがありました。

これは、運動不足で、第二の心臓といわれるふくらぎの筋肉が弱っていたのが原因かもしれませんね。

しかも、筋肉量の少ない女性や年寄りは、足がむくみやすいので、これからは、適度な運動をしてふくらはぎを鍛えるようにします。

ぜひ、あなたもこの記事を参考に、足のむくみ対策に取り組んでくださいね。


※今回の記事は、下記の書籍とWebページを参考にさせていただきました。





(右)女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、デスクワークや立ち仕事などの同じ姿勢を長時間した後に足がむくみませんか?
この足のむくみは、筋肉量の少ない女性や高齢者に多い症状です。
そのため、運動、マッサージやストレッチなどのむくみ対策が大切になってきます。
もし、むくみ対策をしても効果がない場合は、病気かもしれません。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



(左)女性 支持棒 本持ち 白衣

頻尿・尿漏れ対策ナビでは、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!