秋になってよくトイレに行くのは、汗をかかなくなることが原因!?

秋ススキと満月


あなたは、秋が来てホッとしているのではないでしょうか?

ところが、秋は、夜中に起きて、よくトイレに行くことが多くなってしまうというのです。

これには、夏の生活習慣が残っていることが関係していました。

ここでは、秋になるとよくトイレに行く原因と対策についてお話していきます。

1.秋になるとトイレに近くなる原因

夏は、通常より水分を摂取しても、汗をかくため、尿の量が減ります。

ところが、秋を迎えると、気温と湿度の低下で、あまり汗をかかなくなり、余分な水分が尿として排出されてしまう。

そのため、夏と同じ水分量を摂っていると、夜間頻尿などトイレに行く回数が増えてしまう。

2.対策

対策は、以下の2つです。

  1. 夕方から、水分の摂取を減らす。
  2. 入浴して、体を温めてから就寝する。

3.対策をしてもトイレに行く回数が減らない場合

対策をしても、夜中にトイレに行く回数が減らない場合は、病気かもしれません。

考える病気は、以下の2つです。

  1. 前立腺肥大
  2. 過活動膀胱
  3. など

※改善しない場合は、専門の医療機関での受診をオススメします。




女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
夏は、汗をかくため、たえず水分補給をしています。
ところが、秋になると、気温の低下で、汗をかかなくなり、余分な水分が尿として排出される。
そのため、夏と同じ水分補給をしていると、夜間頻尿などトイレに行く回数が増えてしまう。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因の冷え性や睡眠対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!