中高年になってトイレが近いのは、糖尿病が原因かも!?

糖尿病


あなたは、中高年になって、よくトイレに行きませんか?

例えば、「残尿感がある」「何度もトイレに行ってしまう」など。

おそらく、年をとったからや水の飲み過ぎだと思っている方もいるかと思います。

ところが、糖尿病という病気になると、よくトイレに行ってしまうというのです。

糖尿病とは、常に血液中の血糖値が高い状態のこと。

これには、糖尿病によって、高血糖値になることが関係していました。

ここでは、「糖尿病がトイレを近くする3つの原因」「よくトイレに行かないようにするための対策」についてお話していきます。

1.糖尿病がトイレを近くする3つの原因

糖尿病になるとなぜ頻尿なるかの仕組み(圧縮)


糖尿病がトイレを近くする原因は、以下の3つです。

  1. 糖尿病は、慢性的に血糖値が高い状態であるため、過剰なブドウ糖を体外に排出しようとする。
  2. 糖尿病は、のども渇きやすくなるため、水分補給が多くなる。
  3. 代謝が落ちて汗をかきにくいため、尿量が増える。

2.よくトイレに行かないようにするための対策

対処法としては、掛かりつけのお医者さんに相談しましょう!

また、水分補給する際は、糖分が含まれるスポーツドリンクやジュースは避けて、水を飲むようにします。




女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
糖尿病が、頻尿の原因です。
これは、「血糖値を下げようと体内のブドウ糖を水と共に排出しようとする」「よく喉が渇くので水分補給が多い」「代謝が落ち、尿量が増える」からです。
そのため、水分補給する際は、糖分が含まれるスポーツドリンクやジュースは避けて、水を飲むようにしましょう。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!