神経性頻尿は、過渡な緊張やストレス、不安が引き起こす病気

ストレス 女性


あなたは、緊張、不安やストレスを感じるとトイレに近くなりませんか?

例えば、「会社や学校に行く前」「プレゼン前」「テスト前」など

上記のような状況では、誰でも緊張、不安やストレスを感じて、トイレに近くなるのではないでしょうか?

ところが、過渡な緊張、不安やストレス状態が続くと、頻繁にトイレに行ってしまう神経性頻尿になってしまうというのです。
※神経性頻尿とは、過渡な緊張、不安やストレスによって膀胱が過剰反応し、尿意を感じて頻繁にトイレにいってしまうこと。

これには、膀胱が精神的や感情的な影響を受けやすい器官だったことが影響していました。

ここでは、「神経性頻尿の症状と特徴」「神経性頻尿の対策」についてお話していきます。

1.神経性頻尿の症状と特徴

神経性頻尿とは、過渡な緊張、不安やストレスの状態になると、膀胱が過剰反応して、頻繁にトイレに行ってしまうこと。
※膀胱は、心臓や脳などと同じく、精神的や感情的な影響を受けやすい器官。

この神経性頻尿は、高齢者以外の男女ともに多いのも特徴です。

ただし、起きている時間のみで、失禁の症状はありません。

また、膀胱に残尿感があって、トイレのことばかり気になることがキッカケになることもあります。

神経性頻尿がひどくなると、勤務中や授業中、電車やバスの乗車中にもトイレに行きたくなってしまいます。

2.神経性頻尿の対策

緊張、不安やストレスの解消が大切になってきます。

神経性頻尿の対策は、以下の3つです。

  1. 自分に合ったストレス解消を見つける。
  2. 例えば、「スポーツをする」「座禅をする」「音楽を聴く」「アロマテレピーをする」など

  3. カウセリングを受ける。
  4. 専門家と話をすることによって、不安などが解消できます。
    また、症状によっては、心療内科を紹介してもらえます。

  5. 専門の医療機関で受診する。
  6. 泌尿器科を受診し、治療を受けます。
    また、症状によっては、心療内科を紹介してもらえます。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
神経性頻尿は、過渡な緊張、ストレスや不安によって、膀胱が過剰反応することで、尿意を感じ、頻繁にトイレに行くこと。
神経性頻尿は、「年齢に関係ない」「起床している時間だけ症状が出る」「尿漏れの症状はない」のが特徴です。
そのため、カウンセリングを受けるなど、緊張、不安やストレスを取り除くことが大切です。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因のストレス対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!