40代で、トイレに近い症状と尿漏れは、病気かも!?

40代の男性


40代のあなたは、最近、よくトイレに行く症状で悩んでいませんか?

この年代は、仕事や家事などに忙しく、なかなか病院に行けず、一人で悩んでいる方が多いかと思います。

ところが、このよくトイレに行く症状や尿漏れの症状が出るのは、精神的なストレスまたは病気かもしれないというのです。

これには、「40代の囲まれた環境(会社では中間管理職の立場、家庭では子供の受験や反抗期など)」や「健康問題が出てくる年代」が関係していました。

ここでは、40代の「男女共通で考えらる病気」「女性で考えられる病気」「男性で考えられる病気」についてお話ししていきます。

ただし、気になる場合や改善しない場合は、専門の医療機関での受診をオススメします。

1.男女共通で考えらる病気

男女共通で考えられる主な病気は、以下の4つです。

  1. 膀胱炎
  2. 過活動膀胱
  3. 神経性頻尿
  4. 糖尿病

2.女性で考えられる病気

女性で考えれる主な病気は、以下の3つです。

  1. 腹圧性尿失禁
  2. 骨盤臓器脱
  3. 子宮筋腫

3.男性で考えられる病気

男性で考えれる主な病気は、前立腺肥大です。




女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
40代で、よくトイレに行ったり、漏らす原因は、「糖尿病」「膀胱炎」「過活動膀胱」「神経性頻尿」「腹圧性尿失禁」「骨盤臓器脱」「子宮筋腫」「前立腺肥大」などの病気かもしれません。
そのため、忙しくても、症状が悪化する前に、専門の医療機関(泌尿器科)で受診しましょう。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!