よくトイレに行ってしまう場合は「排尿日誌」で記録した方がいい2つの理由

日記を書く


あなたは、日記をつけていますか?

おそらく、面倒なので、日記をつけていない方が多いかと思います。

ところが、トイレに近い場合は、日誌(排尿日誌)をつけた方がいいというのです。

これには、「どんな時によくトイレに行くのかなどの把握に役立つ」「この記録を医療機関で受診する時に持って行くと、病気の早期発見につながること」ことが関係していました。

ここでは、「排尿日誌をつけるメリット」「排尿日誌に記録する項目例」についてお話していきます

1.排尿日誌をつけるメリット

排尿日誌をつけるメリットは、以下の2つです。

  1. どんな時によくトイレに行くのかなどの把握に役立つ
  2. 排尿日誌をつけることで、どんな種類の頻尿なのかを把握することができます。
    ※自己判断する前に、排尿日誌を持って、医療機関での受診をオススメします。

  3. 頻尿対策の効果が出ているのかを確認できる。

2.排尿日誌に記録する項目例

排尿日誌に記録する項目例は、以下のとおりです。

  • 時刻
  • 排尿量
  • 失禁産む
  • 水分摂取量
  • 一言メモ

※yahooやgoogleなどで「排尿日誌」で検索すると専用シートがいくつか公開されています。





女性 指差し 水色服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
よくトイレに行く場合は、排尿の記録(排尿日誌)をつけることをオススメします。
排尿日誌をつけるメリットは、「どんな時によくトイレに行くのかなどの把握に役立つ」「この記録を医療機関で受診する時に持って行くと、病気の早期発見につながること」です。
※排尿日誌には、排尿の回数や間隔、排尿量、水分摂取量などを記録する。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!