足のむくみによって、夜中トイレに行ってしまう原因と対策

足を上げる女性


あなたは、最近、夜中に目が覚めてトイレに行くことありませんか?

寝る前に水の飲み過ぎないようになどの対策をしても、効果がなく悩んでいる方もいるかと思います。

ところが、足がむくんだまま寝てしまうことが、夜中にトイレに行く原因だというのです。
※足のむくみとは、足に水分や老廃物が溜まってしまう状態のこと。

これには、むくんだ足のまま寝ると、足にたまった水分や老廃物が上半身に移動してしまうことに関係がありました。

ここでは、「むくんだ足のまま寝ると夜中にトイレに行く理由」「夜中にトイレに行かないための足のむくみ対策」についてお話していきます。

1.足がむくんだまま寝ると、夜中にトイレに行ってしまう理由

足のむくみは、体の水分や老廃物が、重力によって足にたまることによって起こる。

横になる(寝る)と、足にたまった水分が上半身へ移動してきます。

この上半身へ移動してきた水分が余分なため、尿として排出しようとし、夜中に起きてトイレに行ってしまう。

2.夜中にトイレに行かないようにするための対策

夜中にトイレに行かないようにするためには、寝る約4時間前に20~30分くらい足を上げましょう。

足を上げることで、足のむくみの原因である水分や老廃物が、上半身に戻り、寝る前に尿として排出できるからです。
※膀胱に尿が溜まるまで3~4時間かかります。

寝る前に足を上げる手順は、以下のとおりです。

  1. 仰向けに寝る。
  2. 頭と足の下にクッションを置く。
  3. ※ヒザの位置が、心臓より少し上になるくらいにする。

  4. この状態を20~30分保持する。





女性 指差し 白服2

最後まで読んで頂きありがとうございます。
夜中によくトイレに行くのは、足のむくみが原因かもしれません。
これは、横になる(寝る)と、足にたまった水分が上半身へ移動してくるからです。
そのため、寝る4時間前に足を上げましょう。
そうすることで、足の水分が上半身へ移動し、寝る前に尿として排出できます。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因のむくみ対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!