幼児がオムツ離れする時に、気を付けないといけないこと

赤ちゃん


あなたのお子さんは、無事にオムツ離れできましたか?

おそらく、無事にオムツ離れをして、一安心している方も多いかと思います。

ところが、無事にオムツ離れしても、おもらし(尿漏れや頻尿)することがあるというのです。

これには、現代のオムツ事情が関係していました。

ここでは、「幼児のオムツ離れしてもおもらしする原因」「オムツ離れしてから、おもらし(尿漏れや頻尿)しないための対策」についてお話していきます。

幼児がオムツ離れしてからも、おもらしする原因

現代のオムツは、おもらし(尿漏れや頻尿)をしても、お尻がかぶれたりするなどの不快感がない。

そのため、膀胱で尿を溜める習慣ができず、オムツ離れをしても、頻繁なおもらし(尿漏れや頻尿)を起こしてしまう。

対策

オムツ離れする前に、トレーニング用のオムツを使うことをオススメします。

このトレーニング用のオムツは、おもらし(尿漏れや頻尿)をしても、尿などをあまり吸収しないため、不快感を与える。

この不快感を感じると、膀胱に尿を溜めて、トイレに行くまで我慢するようになります。

ただし、このトレーニング用のオムツは、すぐに効果が出ません。

そのため、自分で、トイレに行けるまで、「トイレに行くかをよく尋ねて上げる」「トイレに行く時は、一緒に行ってあげる」など根気強く付き合っていくしかないようです。




女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
無事にオムツ離れしてからも、おもらし(尿漏れや頻尿)をすることがあります。
これは、現代のオムツが、おもらしをしても、お尻がかぶれたりするなどの不快感がないからです。
そのため、漏れた尿があまり吸収されないトレーニング用のオムツでの訓練をオススメします。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!