トイレが近い症状にも効果がある「どじょう」

どじょう


あなたは、どじょうを食べたことありますか?

このどじょうは昔から、夏バテなどの滋養に良い食べ物として知られています。

ところが、このどじょうは、よくトイレに近い症状にも効果があるというのです。

これには、どじょう一匹で、ウナギ一匹分と同じ栄養があることが関係していました。

ここでは、どじょうに含まれる栄養・メリット・デメリットついてはお話していきます。

1.どじょうに含まれる栄養

どじょうに含まれる栄養は、以下のとおりです。

  • 良質のタンパク質
  • ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンD・ビタミンEなどのビタミン類。
  • 鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・胴・リンといったミネラル類。

2.どじょうを食べる5つのメリット

どじょうを食べるメリットは、以下の5つです。

  1. ビタミンEには、老化を防止する抗酸化作用がある。
  2. 亜鉛は、内臓温める作用がある。
  3. 便秘、下痢・免疫力の低下の原因である「内臓の冷え」を解決する
    また、体内の余分な水分を取り除いてくれるため、尿がなかなか出にくい人の手助けをしてくれます。

  4. ビタミンDは、カルシウムなどの体内への吸収を助ける。
  5. 良質のタンパク質は、脂肪分が少なく、カロリーが低いため、成人病予防に役立つ。
  6. カルシウムは、骨粗しょう症やイライラを予防する。

3.どじょうを食べるデメリット

どじょうを食べるデメリットは、アレルギー症状を引き起こす。




女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
どじょう1匹には、ウナギ一匹分と同じ栄養が含まれています。
そのため、トイレに近い症状も緩和してくれます。
つまり、どじょうに含まれている栄養「ビタミンEが老化を防止する」「亜鉛が内臓を温めてくれる」からです。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!