マグネシウムは、尿道括約筋を鍛えて頻尿を改善!?

マグネシウム


あなたは、マグネシウムについて知っていますか?

学生時代に、マグネシウムの元素記号を見たことあるくらいの方が多いかと思います。

ところが、このマグネシウムは、人間の体に必要なミネラルの1つだったのです。

ここでは、「マグネシウムを摂取するメリット」「マグネシウムを含む食品」「マグネシウムのデメリット」についてお話していきます。

1.マグネシウムを摂取するメリット

マグネシウムを摂取るメリットは、以下の4つです。

  1. 頻尿症状には、尿の蛇口みたいな役目をする筋肉の尿道括約筋を鍛える。
  2. 筋肉の収縮の動きを調整する。
  3. 神経の興奮などを鎮めたりする。
  4. 血圧や体温を調節する。

2.マグネシウムを含む代表的な食品

マグネシウムを含む代表的な食品は、以下のとおりです。

  • なまこ
  • しらす干し(半乾燥)
  • 豆みそ
  • 油揚げ
  • ゆで大豆
  • 粒入りマスタード
  • あさり
  • 納豆
  • いわしの丸干
  • がんもどき
  • こんぶつくだ煮
  • いくら
  • はまぐりの佃煮
  • のりのつくだ煮
  • 桜えび
  • つぶがい
  • ひきわり納豆
  • ばいがい
  • あみの塩辛
  • はまぐり

3.マグネシウムを摂取するデメリット

マグネシウムのデメリットは、以下の2つです。

  1. 過剰摂取した場合は、下痢などの症状を引き起こす。
  2. 腎機能が低下している時に、マグネシウムを過剰摂取すると、高マグネシウム血症を引き起こす。
  3. ※高マグネシウム血症は、体内の筋肉が麻痺し、呼吸不全や心停止などを引き起こす。





女性 指差し 白服2

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、マグネシウムを知っていますか?
マグネシウムは、筋肉や神経に必要なミネラルです。
そのうち、頻尿には、尿の蛇口みたいな役目をする筋肉の「尿道括約筋」を鍛えて、頻尿の症状を改善してくれる。
ただし、マグネシウムの過剰摂取は、下痢の症状を引き起こすので注意しましょう。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!