お腹に力を入ると尿漏れてしまうのは、腹圧性尿失禁という病気かも!?

驚く女性


あなたは、たまに尿を漏らしてしまうことありませんか?

たとえば「笑った時」「咳やくしゃみをした時」「走った時」「重い物を持ち上げた時」など。

上記のような症状は、一時的なもので、病気じゃないと思っている方も多いのではないでしょうか?

ところが、この症状は、腹圧性尿失禁という病気の可能性があるというのです。

しかも、この病気は女性に多い病気です。

ここでは、「腹圧性尿失禁の原因」「腹圧性尿失禁の治療法」についてお話していきます。

1.腹圧性尿失禁の原因

腹圧性尿失禁の原因は、尿を溜める膀胱や尿が通る尿道の締まりが悪いからです。

そのため力を入れると尿が漏れてしまう。

膀胱や尿道の締まりが悪くなる原因は、以下の2つです。

  1. 神経の損傷や尿道のケガなどにより、尿道の閉じたり開けたりする筋肉(尿道括約筋)が、うまく機能しない。
  2. 加齢・妊娠・出産・骨盤臓器脱・骨盤内の手術などで、膀胱を支えている骨盤底筋が弱ってしまう。

2.腹圧性尿失禁の治療法

治療法は、以下の2つです。

  1. 軽い場合は、骨盤底筋を鍛える。
  2. 症状が重い場合は、手術するこもあります。

※尿漏れが続く場合は、悪化する前に専門の医療機関での受診をオススメします。





いかがだったでしょうか?

腹圧性尿失禁は、女性に多い病気だなんて知りませんでした。

しかも膀胱や尿道の締まりが悪いことが原因だなんて・・・

予防としては、日頃から骨盤底筋を鍛えるしかありません。

ぜひ、あなたもこの記事を参考に腹圧性尿失禁を予防してくださいね。




※今回の記事は、下記の書籍とWebページを参考にしました。



女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
「笑った時」「咳やくしゃみをした時」などの力んだ時に尿漏れする場合は、腹圧性尿失禁という病気の可能性があります。
腹圧性尿失禁は、尿道括約筋や骨盤底筋が弱ることで起こる。
治療法は「骨盤底筋を鍛える」「手術」です。