おねしょは、自然に治るのを待つのが一番

おねしょ


あなたは、子供のおねしょで悩んでいませんか?

子供のおねしょを治したいと思っているお母さんも多いことでしょう。

ところが、このおねしょの治療法は、自然に治るのを待つことだというのです。

ここでは、おねしょの原因と対策についてお話していきます。

1.おねしょの原因

おねしょの原因は、以下の2つです。

  1. 子供は、大人に比べ膀胱が小さい。
  2. そのため膀胱に尿を溜める量が少ない。

  3. 子供は、夜間に尿を作るのを減らす抗利尿ホルモンの分泌量が少ない。

2.おねしょ対策

おねしょは自然に治るため、気長に待つ必要があります。

これは、以下のことからでもわかるのではないでしょうか?

  • 4~5歳で、20~30%の子供がおねしょをしている。
  • 6歳くらいで、10~15%の子供がおねしょをしている。
  • 18歳まで、おねしょが治らなかったとの報告もあります。



気になる場合は、医療機関に相談し、治療することをオススメします。




いかがだったでしょうか?

おねしょが自然になおるなんて知りませんでした。

子供のおねしょがなおるまで気長に待つしかなさそうです。

ひどい場合は、医療機関に相談しましょう。

ぜひ、あなたもこの記事を参考にしてくださいね。




※今回の記事は、下記の書籍とWebページを参考にしました。



女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
子供のおねしょで悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか?
ところが、おねしょは自然に治るため、気長に待つ必要があります。
それは「4~5歳で、20~30%の子供がおねしょしている」「6歳くらいで、10~15%の子供がおねしょしている」からです。