膀胱炎になる原因は、ストレスや疲れ、トイレの我慢

尿が漏れそうな女性


あなたは、最近、トイレに近くありませんか?

おそらく、体の冷えや年を取ったからだと無理に納得している方も多いことでしょう。

ところが、排尿痛や尿が濁っているなら、膀胱炎かもしれないというのです。

これには、膀胱炎の炎症によって、膀胱が敏感になることが関係していました。

ちなみに、膀胱炎とは、細菌(主に大腸菌)が膀胱に入り増殖し、粘膜に炎症を引き起こす病気のこと。

ここでは、「膀胱炎の症状と原因」「膀胱炎の対処法」についてお話していきます。

1.膀胱炎の症状と原因

膀胱炎とは、細菌(主に大腸菌)が膀胱に入り増殖し、粘膜に炎症を引き起こす病気のことで、女性に多い。

ちなみに、女性に多い理由は、「尿道が短いため、細菌が膀胱にたどり着きやすい」「尿道口が肛門に近い」からです。

膀胱炎の症状は、「よくトイレに行く(頻尿)」「尿を出すと痛い(排尿痛)」「尿が濁っている」など。

膀胱炎の原因は、「冷え」「ストレス」「疲れ」「トイレに行くのを我慢」などで、膀胱の防御作用が弱って、細菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

2.膀胱炎の対処法

膀胱炎の対処法は、以下の3つです。

  1. 病院で診察を受け、抗生物質をもらい服用する。
  2. 水分をたくさん取り、尿量を増やし、細菌を排出する。
  3. カイロなどで、お腹を暖めて冷えないようにする。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
膀胱炎は、トイレを近くする。
これは、膀胱炎の炎症によって、膀胱が敏感になるからです。
また、膀胱炎の特徴は、「頻尿」「排尿痛」「尿が濁っている」です。
とくに、女性に多い病気ですので気を付けましょう!
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、頻尿・尿漏れの原因の疲労・ストレス・睡眠対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!