緊張やストレスを感じる時に、トイレが近いのは神経性頻尿かも!?

緊張とストレス


あなたは、最近、ストレスに悩まされていませんか?

おそらく、試験や仕事などによるストレスで悩まされている方が多いかと思います。

ところが、過渡にストレスを受け続けると、身体や精神に悪影響をおよぼすだけでなく、トイレに近い症状もでてしまうというのです。

これには、ストレスが、尿のコントロールを乱してしまうことに関係していました。

ちなみに、上記のような症状を神経性頻尿といいます。

ここでは、「神経性頻尿の原因」「神経性頻尿の対策」についてお話していきます。

1.神経性頻尿は、緊張やストレスが原因

神経性頻尿は、 緊張、ストレスや不安感によって、尿のコントロールが崩れてしまうことで起こります。

通常は、「膀胱に尿が一定量たまる」→「末梢神経を通って脳に連絡が行く」→「尿意を感じトイレに行く」という流れ。

ところが、緊張、ストレスや不安感が大きくなると、その伝達網に異常を起こし、トイレに行きたくなったり、行ってしまう。

2.神経性頻尿の2つの対策

神経性頻尿を改善するには、「緊張しないようにする」「ストレス解消すること」が大切です。

オススメの方法は、以下の2つです。

  1. スポーツや趣味などをして、緊張、ストレスや不安感から、解放するようにしましょう。
  2. 精神的な部分も大きくかかわっていますので、心療内科を受診もオススメ。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
過渡な緊張、ストレスや不安感は、神経性頻尿を引き起こす。
これは、過渡な緊張、ストレスや不安感によって、通常の尿のコントロールが崩れてしまうからです。
日頃から、緊張、ストレスや不安感の解消が大切になってきます。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

スッキリな毎日では、頻尿・尿漏れ対策商品はもちろん、ストレス対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!